手紙の季語 [6月]

手紙の季語 [6月]

6月に書く手紙季語には、以下のようなものがあります。

 入梅の候、入梅の折、入梅のみぎり、梅雨の候、初夏の候、薄暑の候、青葉の候、など

★また、季語そのものを使わず季節感を表現するような手紙の出だしには、以下のようなものがあります。これは、自分の言葉で少しずつ変えて使うといいですね。

 ・蒸し暑い日々が続いておりますが、皆様ご清栄のことと存じ
  ます。
 ・梅雨空の下、あまりすっきりしない日が続いております。
  いかがお過ごしですか。
 ・田植えの頃、お忙しい日々をお過ごしのことと拝察いたし
  ます。
 ・そろそろ入梅の季節ですね。皆さま、お変わりございま
  せんか。
 ・長雨が続きますが、お健やかにお過ごしのことと存じます。
 ・あちこちで、くちなしの花が香る季節となりましたね。

手紙の結びの言葉には、季語を入れてもいれなくてもいいですが、相手を思いやる文章にしましょう。

 ・あとわずかで梅雨も明けるようです。どうぞ、体調など
  崩されませんようお気をつけください。
 ・うっとうしい日々が続きますが、お心お健やかに過ごされ
  ますようお祈りしております。
 ・季節の変わり目です。どうぞ、ご自愛の上ご活躍のほど
  お祈り申し上げます。
 ・これからますます本格的な暑さを迎えます。くれぐれも
  ご自愛ください。 
 ・梅雨空がいましばらく続くようですが、どうぞ、お風邪など
  ひかれませんように。

★覚えておくと手紙に役立つ6月の暦

 六日ごろ 芒種(稲や麦などを蒔く時期)
 十日  時の記念日
 二十一日頃 夏至
 第3日曜  父の日



kigotegami at 01:54 この記事をクリップ!