手紙の季語 [9月]

手紙の季語 [9月]

9月に書く手紙の季語には、以下のようなものがあります。

 新涼の侯、秋涼の侯、初秋の候、清涼の候、白露の候、孟秋の候(侯は折、みぎりでもいい)、など

★また、季語そのものを使わず季節感を表現するような手紙の出だしには、以下のようなものがあります。自分の言葉に少しずつ変えて使ってください。

 ・残暑お見舞い申し上げます。
 ・いつまでも残暑が続く毎日ですが、お変わりなくお過ごしの
  ことと存じます。
 ・すっかり秋めいてまいりましたが、皆さまご清栄のことと
  存じます。
 ・日ごとに秋の気配が濃くなっていますが、夏の疲れなど
  出ていませんか。
 ・すがすがしい秋晴れが続きますね。皆さま、お元気で
  いらっしゃいますか。
 ・例年になく急に涼しくなってまいりましたが、風邪など
  お召しになっていらっしゃいませんか。
 ・庭のコスモスが美しい季節になりました。皆さま、お変わり
  ありませんか。

★手紙の結びの言葉には、季語を入れてもいれなくてもいいですが、相手を思いやる文章にしましょう。

 ・朝夕、めっきり涼しくなりました。くれぐれもお体には
  お気をつけください。
 ・夏の疲れがでやすい季節ですので、くれぐれもご自愛
  ください。
 ・季節の変わり目は体調をくずしやすいものです。どうぞ、
  ご留意ください。
 ・何を食べてもおいしい季節ですが、お互い、食べ過ぎに
  注意しましょうね。
 ・どうぞ、実り多い秋を過ごされますよう、ご祈念いたします。

★覚えておくと手紙に役立つ9月の暦

 一日頃  二百十日(立春から数えて二百十日目。
      台風の多い頃というニュアンスがある)
 一日   防災の日
 八日頃  白露(露が結び始める頃)
 九日   重陽の節句(菊の節句)
 中旬   十五夜
 第三月曜日 敬老の日
 二十日〜  動物愛護週間
 二十日頃  秋の彼岸の入り
 二十三日頃 秋分の日(秋のお彼岸の中日)

手紙の書き方(礼状) - livedoor Blog 共通テーマ

kigotegami at 20:35 この記事をクリップ!