手紙の季語 [12月]

手紙の季語 [12月]

12月に書く手紙の季語には、以下のようなものがあります。

 師走の候(折、みぎり)、年末の候、歳末の候、初冬の候、寒冷の候、初雪の候、新雪の候、など

★また、季語そのものを使わず季節感を表現するような手紙の出だしには、以下のようなものがあります。これは、自分の言葉で少しずつ変えて使うといいですね。

 ・木枯らしの冷たさが身にしみる季節になりましたが、
  皆様、お変わりございませんか。
 ・師走に入り、ますますご活躍のこととご拝察いたします。
 ・慌ただしい年の暮れになりました。皆様方にはお元気で
  お過ごしのこととお喜び申し上げます。
 ・今年は例年にない暖かい年の瀬となっています。皆さま、
  お健やかにお過ごしでいらっしゃいますか。
 ・今年も残すところあとわずかとなり、お忙しい日々を
  お過ごしのことと存じます。
 ・皆様、迎春のご準備にご多忙な毎日と拝察いたします。
  (これは、お店などをなさっている方にいいですね)
 

★手紙の結びの言葉には、季語を入れてもいれなくてもいいですが、相手を思いやる文章にしましょう。

 ・寒さ厳しき折から、くれぐれもご自愛ください。
 ・日が短く、寒さが身にしみる時節です。何卒、お身体を
  ご大切になさってください。
 ・年末に向けてご多忙のことと存じます。どうかご自愛専一に
  なさってください。
 ・年末に向けてこれからお忙しくなると思いますが、何卒
  健康にはご留意ください。
 ・年末に向けて何かと気ぜわしい毎日ですが、体調をくずさ
  れませんよう、お祈り申し上げます。
 ・そちらでは大雪と伺いました。何卒ご自愛なさってお風邪
  などひかれませんよう、ご留意ください。
 ・ますます寒さが厳しくなってきます。体調を整えてがんば
  りましょう。

 ■年末の挨拶を入れる場合

 ・どうぞご自愛専一になさって、お元気で新春を迎えられます
  ようお祈りいたします。
 ・今年一年の感謝の気持ちをこめて、一筆申し上げました。
  どうぞ、お元気で新春を迎えられますように。
 ・皆様お揃いで、よい新年をお迎えになられますよう、お祈り
  申し上げます。
 ・今年はいろいろとありがとうございました。どうぞ来年も
  楽しくおつき合いくださいね。
 ・来る新年も幸多き充実した一年になりますよう、お祈りして
  おります。

★覚えておくと手紙に役立つ12月の暦

 七日頃  大雪
 二十三日  天皇誕生日
 二十四日  クリスマスイブ
 二十五日  クリスマス
 三十一日  大晦日


手紙の書き方、礼状例文サイト - livedoor Blog 共通テーマ


kigotegami at 23:52 この記事をクリップ!